同感です。子供を授かり孫を儲けてもらい、足腰とシモが利き、夜露をしのげ喰うに困っていない。この上100歳まで生きたら世間様に迷惑をかけるし、そうは「思わない」。動いてなんぼのこの年齢に感謝して、韓国へ。入れ歯ではビビンパが食えるのも先が知れたもの、と悟ってのこと。おっとメッセージが鳴った。「いまLA、ドジャース大谷を観戦してるよ」と同期退職の友人からの近況が届いた。刺激とパワーを貰ったね。だって何歳まで生きたいかではなく、どう生きていくのかだもんね。




さつきGW、自宅軟禁を強いられる空模様。「退屈」と思える今の境遇と炬燵に感謝して、八ヶ月先までの旅行計画やYouTube鑑賞で午後を流している。メーデーと聞いちゃ早めに風呂と晩酌を甘えて、引っ張り出した掛け布団にすたこら潜ってもバチは当たるまい。その分「憲法・みどり・こども」どれか一日はバッチシ労働者をやらせてもらいまっせ!


ほっ! 田植えが終わったよ。しかも例年よりも一週間はやく、ご覧のとおり。せめて畑だけは人任せでなく、と耕運機にムチを打った。ご褒美の昼呑み、久しぶりに「あ〜じゃねぇ、こ〜じゃねぇ」と平均73歳が安酒を傾けた。季節は今がサイコー、香り豊かな庭がこのGWを盛り上げてくれている。問題はこの後、垣根の枝切り、空き地と農道の草刈り、蜂や蛇それにクモの巣との格闘が控えている。もっとヤバイのが可愛い子や孫のこれからだ。日経4万円やドル155円の先に待ち構えている「日本売り」の筋書きとどう対峙していけばいいのか?


東日本大震災13年、30回を数える親父の命日、先輩を施設に見舞い久々の居酒屋へ。あれこれ3月を乗り越えて、新年度が動き始めた。例年さくら散るこの時期、しかし今年は違う。やっとこさ「一分」、春休みの公園は遊ぶ子供も居ない。股引きを脱いで好物の冷やし中華をすすりながら送られた孫の卒園写真を拝む。今年も想った。このさくら、あと何回見れるのだろう…と。