実りの秋。他所の柿を盗んで食ったもんだが今のご時世、雀やカラスもグルメ、熟して地面を汚すのがオチだ。ついぞ10日前、Tシャツに短パンが俺のファッションだったけど10月22日は氷雨、最高気温12度。秋を飛び越えて一気に師走がやって来た。3日前に点検試運転のつもりで設えた炬燵と石油ストーブが朝から本格稼働。燃料高騰ニュースに文句を吐き、国鉄ダイヤ1968年を振り返っている。物事から興味が薄れ、過去を美化するようになったら立派な「取扱説明」対象者とか。1968年「10・21」から翌年「1・18」は社会が動き、時代が熱かったよな〜。


2回のワクチン注射。自粛うっぷん晴らし7月25日、調子こいて旭川空港へフライト。日本海側を稚内、礼文と利尻にわたり、オホーツク沿いから内陸に戻る行程だ。ツレのご機嫌伺いを兼ねてのレンタカー旅。長袖持参を後悔する気温36、37度の道北、東京よりも熱い。礼文の澄海岬、雲丹丼に3,000円をポンと叩く相棒に口が開いた。ちなみに自分は魚卵系は苦手なのだ。初めての利尻、穏やかな島時間が流れていたっけ。宗谷岬でお決まりのパチリ。海沿いをズズズ〜イと下り右に折れてテレビで観た「トロッコ王国」を目指す。しかし異常高温でアブの大量発生、ヤバイ乗車は諦めた。最終日は美瑛と富良野、空港も近いとあって観光客で賑わっていた。立秋もすぐ、稲穂が首を垂れ始めている。

大の注射嫌い。ガキの頃、唾を吐いて医者に抵抗したものだ。禍根が拭いきれないワクチンだが不安と旅行に出たい一心、大手町まで足を運び、ブチュー。先行き「接種証明」を得るため苦渋の決断だ。そのご褒美がこれ、横浜名物の牛鍋。銘酒で喉を清め刺身、牛肉へと箸がすすむ。上等な料理とホテル泊。お陰で注射後の腫れと痛み、野良の疲れも癒される。あれれ、炊飯器がおかしいぞ。「E01」のエラー表示。10ヶ月も経たず壊れるなんて…幸い保証期間、最新機種への交換で断食を免れることができた。田んぼの稲も順調に花をつける頃、もう梅雨明けだな。


嘘こくでねえ。からっきしその自覚がないが、世間ではシッカリ寄る年並に見ているんだ、とか。国鉄中央線沿いが学生と機動隊で熱い時代、大阪万博や「いちご白書」、浅間山荘へと社会がうねっていた。ロングヘアとパンタロンに厚底靴。今それを真似しようにも白髪頭、ビール腹に足底痛では物笑いが関の山だろうな。身に覚えのない古希。ガラクタ呼ばわりの中、仕方なく「宝物」の無線機やオーディオの断捨離に傾く。そんな折、柏市から晩酌のアテ、山形からはさくらんぼが届いた。曲がったヘソを直せる大人にならないと、70歳だし。

気に掛けてくれる友達が居るってことは、ありがたい。尻を叩いて、なまりきった頭にカツを入れてくれる。そんな訳で、遅ればせの復活である。雨続きのお盆が明けて、5月頃から8月までを振り返ってみた。田植えが終わって一段落も束の間、家周りの草刈りが待っていた。10年選手で働いてくれた電子レンジ、オーブントースターを新調。マスクと手洗い、ディスタンス確保でまばらな映画館に座り骨を休める。しばらく会えていない孫たちの手続きで横須賀市に動き、ジャズ喫茶で珈琲をすすった。コロナ自粛、いや何だかんだ言っちゃフラフラ「圧力、警察」に抗っているんだな。

《平々凡々大過なく》は、当初Windows95パソコンとPageMillソフトでサイトを作成・Asahi-netにてホームページを開設、2000年4月にドメイン「kury.net」を取得してWindowsを98・Me・XPと移行しながらHomePage‐Builderで2018年12月まで更新を続けてきました。しかしスマホやタブレットがインターネット接続主流となった今、これら機種への対応と併せサイト更新が簡便かつ場所を選ばないネット型作成アプリ「Jimdo」で2019年初からサイト全体をiPhoneから運用することとしました。

 

www.KURY.net管理者:埼玉県杉戸町/栗原しげる